短歌

「甘食」を知っていますか? 三角の甘いパンです。かつて父と一緒に 入ったケーキ屋さんでのクスッと笑える 懐かしい思い出です。
Author image 静扇

1年生

自作短歌より 新しいランドセルは小さな身体に 重そうに見え その後ろ姿に向かって 「頑張れ」とエールを送りたく なります。 物事の始まりは大人でも1年生。 不安と希望・・新鮮な緊張感は 宝物です。
Author image 静扇

金子みすゞ 「春の朝」より

雀の鳴き声、朝の日差しは柔らかく まだこのまま目をつぶってまどろん でいたい・・ 素朴な詩です。
Author image 静扇

ペン字 つけペン行書

ひと言でも書いて伝えること ハガキ一枚に心を込めて
Author image 静扇

日々是好日

いつでも今日が一番いい日
Author image 静扇

短歌

初めて山下静雨先生の書くところを 見た時のことはつい昨日のような 鮮明な感動です。 ペンは軽く持っているのに 紙の上で「ガリガリ、シャッ」と 音がするのです。 先生の手は大きく厚く、その手から 魔法のような美しい線が 醸し出されるのです。 先生の斜め後ろにまわって瞬きも 惜しいように見ていた 自分がいました。
Author image 静扇

「魅」

目指すのは魅力のある字 世界でただひとつの自分の 「今」を書いていきます。 大きく書いて パネルを作りました。
Author image 静扇

ペン字仮名

吾がにはの花橘は散りすぎて 珠に貫くべく実になりけり 万葉集より
Author image 静扇
1 / 7
top