Tシャツ

布書液を使って オリジナルTシャツを作りました。 紙に書くのと違いゆっくり塗るように 筆を運びます。 この夏のイチオシです!
Author image 静扇

ひな祭り

ひな祭りの頃になると自然と 鼻歌が出ます。 「うれしいひなまつり」 好きなのは歌詞の2番と3番。 今年はお雛様を飾る代わりに 3番を歌いながら書いてみました。
Author image 静扇

電車

新幹線のワゴンサービスが昨年 秋に終了し、旅情のひとつが また過ぎていきました。 かつて湯河原駅ホームの売店に 売っていた冷凍みかん。 ケースを覗き込んでいた子ども の頃・・温かい思い出のひとつです。
Author image 静扇

思い出

父には愉快な思い出が たくさんあります。 それを歌に詠んで自由に 書いてみると その映像は鮮やかに蘇ります。
Author image 静扇

目が覚める言葉

本の中にあった言葉です。 どの本が忘れてしまいましたが、 頬っぺたをピシャリと叩たかれた ような感覚に。 気をつけながら書いていても 和紙に付けペンがところどころ 引っかかってしまいました。 そのまま載せます。
Author image 静扇

扇子

夏の終わりに 扇子に「逢」と墨書きしました。
Author image 静扇

『愛は』

この言葉は古い本の中の一節です。 愛は目に見えない。 人は誰でも生まれてからこの世を旅立つまで、 どれだけ多くの人に 愛されて生きているか。 それは大きさではなく見返りも求めない。 すぐそばにあるものを気づいていきたいものです。
Author image 静扇

短歌

「甘食」を知っていますか? 三角の甘いパンです。かつて父と一緒に 入ったケーキ屋さんでのクスッと笑える 懐かしい思い出です。
Author image 静扇
1 / 8
top