字に心を

字に自信がなくても遠慮せずに気軽に 手紙を書くのは楽しいことだ。 人に代筆なんかさせるのはものに こだわる人がすることで、心に響いて こない・・この様な解釈か。 時代が変わっても自筆の良さに感じる ことは同じなのかもしれない。
Author image 静扇

弛まず 怠らず

何かを目指し、それに向かって ひたすらに進む。 頑張り過ぎず、ゆったりと淡々と 人生のどんなアクシデントがあろ うとも、手から離さない。 そうでありたい。
Author image 静扇

行書(付けペン)

会えなくなった人をふと思い出し、 古い手紙を探してみると ああこの字、この言葉・・ その人が歩み寄る感じがする。 字は声 文章は会話 手紙というタイムマシン
Author image 静扇

自作 筆字

思いつくまま 仕上がりも気にせず書きました。 こんな自由書きもいい。
Author image 静扇

行書 ー 付けペン 墨液インク

令和の時代がスタートです。 新しい何かを掴むためにチャレンジを忘れないでいたいものです。
Author image 静扇

ペン字 ー 行書

字が上手くなりたい。 しかし、道は果てしない。 今自分にできるのは「根気」でやっていくしかない、と心を立て直しています。
Author image 静扇

2019年 書初め ー 草書

新しい年のスタートに心惹かれた言葉です。 気韻生動とは 中国画の理想とする画の 六法の第1にあげられています。 絵画や書などの気品や風格が生き生きと感じられること。 上手く書こうとせず、その時の力で心を籠めて・・。
Author image 静扇

毛筆細字 行書

スメタナ 作曲 チェコの交響曲詩 「わが祖国」第2曲より モルダウの流れ より 日本語 訳詞は沢山ありますが 言葉の響きで選んでみました。 川の流れのように筆を運びながら *この曲が作られた時代(1874年頃) オーストリア支配下にあった 当時チェコスロバキア(ボヘミア) 人々の民族の独立を目指す祖国への 愛が込められています。
Author image 静扇
top